[うつ病#3]休職してすぐ復帰のはずが…[体験談]

心療内科の先生に1か月休むよう言われ、
会社の上司もすぐに休めるように手配してくれました

社内にはけっこうな人数の「うつ病」の社員がいたので
会社としても敏感にならざるを得ないのかもしれません。

自分としても
まあとりあえず1か月ゆっくり休ませていただければ、
疲れもとれるだろうしストレスからも解放されて
またすぐに復帰できる・・・と思っていました。

甘かったですね。

若干、心の底には不安はあったのですが。

結果から言ってしまいますと、その最初の1か月間で

うつ病は逆に悪化しました・・・

その1か月ほどの間、

「ただでさえ忙しいのに他の人達の仕事を増やしてしまった」
「難しいトラブル起きていないかな」
「置いてきた資料でわかりにくいところはないだろうか」
「過去の仕事の問い合わせとかないだろうか」

などと仕事の心配をしていました。
これが、多分(間違いなく?)良くなかったんだと思います。

そして1か月後
復帰の許可は出ず、休みは1か月延長になりました。

やっぱり、仕事のことはいったん忘れないといけない。
そう思ったのですが、
ここでちょっと
焦り」「不安」みたいなものが出てきてしまったんですよね。

「仕事の感覚を忘れないだろうか」
「復帰してすんなり元の仕事ができるだろうか」

この不安感がどうしても消せずに1か月過ぎてしまいました。

これでもちろん、再度1か月延長です。

心療内科でも
先生に状況を聞いていただき、薬をいろいろ変えて治療を続けましたが

良くなったり悪くなったり。

調子のよい日は朝から普通に動けるのですが、
そうでない日は朝動けなかったり、
朝動けても夕方急に具合が悪くなって起きていられなくなったり。

こんな状態がずっと続いていきました。

1か月・・・また1か月と休職は延長されて・・・
数か月過ぎたころにようやく

「もう、仕事や会社のことはいったん忘れよう」

と、吹っ切れた気持ちになりました。

これで状態が良くなればよかったのですが・・・

残念ながら、そう簡単ではありませんでした

気が付いたら、3年の月日が過ぎ去っていました
会社には1か月ごとに状況を報告しており、
上司からも仕事の心配はするな、しっかり治せと言われていましたが
自分の状態は一進一退・・・

若干諦めかけていました。

そしてついに、会社から呼び出しがありました。

そう、休職できる期間には当然限りがあります。

その期限が迫ってきてしまったのです。

会社へ行って今の状況を聞かれ、
復帰するか、そうでなければ自動的に退職になってしまう
という説明をされました。

もちろん「復帰します!」と言いましたが、
それなりのハードルがあったんですよね。

もちろん、心療内科の先生からのお墨付きをもらわないといけません。
そして会社では、ある程度の期間
本当に以前と同様に仕事ができるかどうかの確認があります。

心療内科の先生に相談すると、
「どうしても復帰したいなら許可は出すが、今の状態では考えにくいですよ」
と言われました。

会社の復帰確認も、条件的には厳しいものがあり
復帰期限が迫っていましたので失敗=退職という状態でした。

ということで「退職」という決断に至ったわけです。

もう少し早く休んでいればよかったのかな・・・
でも、早く休んでもどうなっていたかわからないな・・・
うつ病が軽いうちに治していたら・・・
そもそも、うつ病になんてならなければ・・・

まあ、自分がこうなってしまったのはもう仕方ありません。
前を向いて進むしかないですね。

・お医者さんに休むべきと指導されたらなるべく早く休んほうが良いです。
・会社にもよりますが、休職からの復帰はうつ病が治らないと難しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました