[うつ病#2]心療内科に通い始めて…[体験談]

自分がうつ病だと知らされて
始めて「心療内科」という所に通うことになりました。

病院によって違うと思いますが、私が行っているところは

全然病院っぽくない雰囲気のところです。

そこで診察(というより問診)していただき、
薬を処方していただいて飲み始めたのですが

最初の1か月くらいは劇的に変化が感じられました

表現しにくいですが、
「自分がかなり異常な状態だった」のがはっきりわかる感じです。

そのあと、治療には段階があるようで
薬を少しずつ変えながら治療を続けました。

ただ、そう簡単に治る病気ではなかったようです。

まさに「一進一退」という感じです。

仕事の忙しさやストレス、家庭の状況も常に変化していますしね。
身の回りのことが複雑に影響しているらしいです。

会社では、部署を変えていただいて
また以前のように普通に仕事を続けられるようになりました。

このとき気が付いたのは、
うつ病にかかったことのない人には、うつ病の人の状態が理解されない
ことでした。

確かに自分もうつ病になる前は
同僚でうつ病の人と話をしたり様子をみていても、
どこが悪いのか・どう調子が悪いのか
わかっていなかったと思います。

なので、「他の人にはわからない」ということは仕方ないと思っていました。

それでも、けっこうつらいこともありましたけどね・・・

そんな中、会社では何度か部署変更があり
また少し違う環境での仕事を任せられるようになりました。

上司も同僚も皆いい人ばかりだったのですが・・・

うつ病が少しずつ悪化していたようです。

心療内科の先生からは
「一度、しばらく休職したほうがいい」
と言われるまでになりましたが

やっぱり、仕事を長く休んでしまうというのはかなり不安ですよね?

先生の提案をやんわり拒否して仕事を続けていました。

そのうちに・・・

朝起きても動けなかったり、
朝とても具合が悪かったりして

会社を休みがちになってしまいました。

そしてついには先生から、1か月程度休むよう宣告されました。

会社で上司にそれを相談すると、
「どうして言わなかったんだ? 明日からでもすぐ休め」
と言われたので、おとなしく休みをいただくことにしました。

1か月、ゆっくりさせていただいて治そう・・・

この時はそう簡単には終わらないとは、全く思っていませんでした。

・我慢しないで早く病院へ行って診てもらいましょう。
・仕事も大事ですが体のほうが大事です! うつ病をあまく見てはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました