ARK-006

ARK

ARK

前置き??

ARKは「サバイバルを楽しむ」ゲームですし
「いろいろ工夫して生き残る」のが遊ぶ目的?でもあるので

厳しいのはまあ当たり前・・・ですよね。

そうは言っても、
何もかも時間のかかるゲームだけど、そんなに遊ぶ時間がない
とか
時間はあるけど、そんな何時間も続けるのは無理!
という人も多いのではないかと思います。

サーバーではなくローカルで遊ぶなら
「設定を変えてしまう」
という手があります。(というか、そうしてくださいw)

しかし、設定を変えるとなると
バランスが非常に難しくなります。(簡単すぎると全然面白くありません)

全く同じことがサーバーでも言えるんですよね。
個人のサーバー管理者(鯖缶)の方々は
けっこう苦労して設定されていると思います。

そこで、
「ここはもうちょっと便利に」
「これ、ずっと見ていなくても済むように」
みたいな希望を簡単に叶えてくれるのがMODというわけです。
その代表的なものが
S+(Structures Plus)です。

サーバーであれば、
バニラサーバー(標準設定)ではないサーバーで
エングラム(作れるアイテム)に「S+~」というのがあれば入ってます。

まあこれ、
本来は名前の通り建材を使いやすく改良したMODなのですが
建材については既に公式採用されているものが多いです。

S+のブリーディング支援

前置きが長~くなってしまいましたが m(_ _)m

S+には建材のほかにいろいろ便利機能が含まれています。
そのうちの1つが
ブリーディング支援」機能です。

まず、エアコン等で動物の卵を孵す準備ができたら
そこに卵をドロップしますよね?
そして、何時間何十分後に生まれるから・・・
時計のアラーム設定して、他の事をしよう・・・
そんな感じだと思います。

時間が自由に使える人ならいいんですが、
厳しいですよね(私は無理です)。

ここでコレ!!

ドードーが巣みたいのに乗ってるだけのように見えますが、
これは「S+Hatchery」という装置(設置物)です。

何をしてくれるかというと、
卵が孵るちょっと前の状態まで管理して(あたためて?)くれます!


使い方は簡単で、
起動状態にして近くに卵をドロップすると勝手に吸い込むので
あとは放置するだけです。
そして、孵る寸前(残り1%?)のところで維持してくれます。
これで・・・
卵が孵る時間を気にしながら・・・というのから解放されます。
(近くの動物の産卵を促進する機能もあるようです)

と、ここで
上のエングラムの説明見て気づかれるかもしれませんが
使うには若干のハードルがあります。

燃料が必要なんですね・・・
ガソリンや電気ではなく、
TEKジェネレーター、または再生肥料
が必要です。

TEKジェネレーターは、ボス倒さないと無理ですね・・・

なので、使うにはコレ

「再生肥料を作る」
というのが
これを使うためのハードルということになります。

私

再生肥料の作り方は別記事にかいています。
そちらも参考にどうぞ!

ちょっと長くなってしまったので、続きは次の投稿で・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました