[ARK 2020/11/14]サーバー安定化のための修正?

ARK

ARKでは、TLC3アップデートの後はサーバーの安定化とバグ修正のための更新が行われているようです。

公式にあがっている文章を、いつもどおりグーグル先生訳で載せておきます。

Live-Opsアップデート

最近、サーバーのパフォーマンスを向上させるために、構造の配置と解体に変更を加えたパッチを展開しました。

以前は、構造を置き換えるときに、サーバーは、構造の整合性を検証するために、置き換えられる構造にスナップされたすべての構造をチェックすることを含む複雑な計算を実行する必要がありました。 この計算は、新しいエリアに新しい構造を配置するのではなく、置き換えであるため、削除されました。 これは、保存ファイルが大きいサーバーでのみ非常に目立ちます。

構造物の解体への変更により、計算される量が減少しました。 複雑さが軽減されるため、サーバーのパフォーマンスが低下し、「安価」になり、解体時のラグ、ストール、サーバーのドロップが減少します。

「サーバーのドロップ」というのは鯖落ちのこと? ストールが停止するという意味だと思うので、切断という意味かなとも思います。

まあ・・・鯖が軽くなるように計算を減らしたということのようですね。

また、現時点で最新の修正内容を見ると

転送が失敗する可能性があるケースを修正しました
複数のサーバー側のクラッシュを修正しました

というのがあるので、転送バグがある程度直されたようですし
サーバーが落ちる可能性のあるバグも直されているようです。

急にサーバーの強制更新かかるとちょっとびっくりしますが
しっかりバグ修正してくれているのは(鯖管としては)評価できると思います。

週末イベントは・・・

今週の週末イベントは「無し」だそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました